あますいビジョン2029(2020~2029)

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号2000793 更新日 令和2年3月9日

印刷大きな文字で印刷

あますいビジョン2029(2020~2029)

事業運営の指針である「あますいビジョン2029」を策定しました

公営企業局では、平成22年度に10年を期間とする「水道・工業用水道ビジョンあまがさき」を事業運営の指針として策定し、その将来像や基本目標のもと、水の安定供給と適切な事業運営に努めてきました。一方で、水道事業においては給水人ロの減少や節水機器の普及などに伴う給水量の減少、工業用水道事業においてはユーザー企業の減少といった問題に直面しており、加えて施設の耐震性を確保していくということも非常に重要な課題となるなど、今後の経営環境はより厳しさを増していくと考えられることから、この度新たに計画期間を2020年度から2029年度までとする「あますいビジョン2029」を策定しました。

計画期間

計画期間は2020年(令和2年度)から10年間、目標年度は2029年(令和11年度)です

基本理念と構成

基本理念 尼の水を次の世代へ と 17の取組一覧

本ビジョンでは、尼崎の水を将来にわたっても届け続けるという決意を込めて、基本理念を「尼の水を 次の世代へ」とし、その実現に向けて「安全な水を安定して届ける」、「災害から守り、備える」、「将来へ事業をつなげる」という3つの目標を設定しました。そして、それぞれの目的を達成していくために5つの方針を掲げ、これらの下に17の具体的な取組を施策体系として構築しました。

あますい実施計画<前期>(2020~2024)

「あますい実施計画<前期>」は、あますいビジョン2029で示した17の取組を着実に実施していくため、各取組の目標を設定し、年次計画をまとめた「事業計画」と、事業計画を踏まえ健全な財務体質を築き、経営していくための「財政計画」の2つの計画で構成されています。この事業計画及び財政状況については、毎年度確認し、進捗管理を行っていきます。そして、前期5か年の取組の進捗管理等を踏まえ、あますいビジョン2029で掲げる取組の方向性について十分に検証するとともに、必要な見直しを行ったうえで後期5か年(2025~2029年度)の実施計画を策定します。

体系図

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」(無料)が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(外部リンク)新しいウィンドウで開きますからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

公営企業局 上下水道部 経営企画課
〒660-0051 兵庫県尼崎市東七松町2丁目4番16号
電話:06-6489-7405 ファクス:06-6489-7403
公営企業局 上下水道部 経営企画課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。