給水設計協議について

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号2000435 更新日 令和3年4月1日

印刷大きな文字で印刷

設計協議について

 3階建て以上の建物等への直結直圧給水及び直結増圧給水(中高層階の建物等へ、ポンプの圧力を利用し末端の給水栓まで直接給水する方式)ならびに、併用給水(直結直圧給水・直結増圧給水・受水槽式を組み合わせて給水する方法)を行う場合には、給水装置工事申込み前にお客さまサービス課へ設計協議を提出し、給水の可否について判定を受ける必要があります。

ただし、店舗等を含まない住居専用かつ新設の建物で、給水の高さ(配水管の布設されている道路面から当該建物等の最上位置に設置された給水装置までの距離をいう。)が9メートルを超えない場合は、これを省略できます。

設計協議に必要な書式を掲載しておりますので、ダウンロードの上ご利用ください。

 

給水設計協議書

給水方式別に協議書の書式が異なりますのでご注意ください。また、受水槽式から直結式への切替えにあたっては別途報告書の提出が必要となります。

水理計算書作成ツール

 給水設計協議書に添付する「水理計算書」の作成ツールです。当ツールの使用にあたっては、ファイル内の説明書を必ずお読みください。
 なお、すべての機能を利用するには、マクロを有効にする必要がありますのでご留意ください。

このページに関するお問い合わせ

公営企業局 上下水道部 お客さまサービス課
〒660-0051 兵庫県尼崎市東七松町2丁目4番16号
電話:06-6489-7406 ファクス:06-6489-7421
公営企業局 上下水道部 お客さまサービス課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。