検査計画の内容 10.関係者との連携

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号2000687 更新日 平成31年3月29日

印刷大きな文字で印刷

(1)水源の保全及び水源での水質異常への対応

 本市を含めた水源河川流域の水道事業体及び関係団体により、水源保全の活動を行うと共に、水質異常時には、県・市の衛生部局をも含め、相互連絡体制を整備しています。

ア 淀川水質汚濁防止連絡協議会

 国土交通省近畿地方整備局及び近畿地方の24機関・団体で構成され、琵琶湖淀川水系の河川について水質を調査すると共に水源事故時の相互連絡体制を整備する等、水質保全活動も行っています。

イ 淀川水質協議会

 淀川から取水している9水道事業体で構成し、琵琶湖南湖をはじめ本川、支川などの調査を定期的に実施しているほか、関係機関への要望活動や市民への啓発活動も行っています。

ウ 武庫川水質連絡会議

 武庫川流域の7水道事業体で構成し、年4回の水質調査や水質事故時の連絡を行っています。

エ 兵庫県水道水質管理連絡協議会

 兵庫県生活衛生課を中心に水道事業体、試験研究機関、行政機関を含む35機関で構成されています。水道原水の水質監視等を行うほか、水道水の水質検査を実施している26機関では検査の外部精度管理も実施しています。

(2)給水区域での連携

 水道水に水質汚染事故が発生した場合には、尼崎市健康福祉局生活衛生課と速やかに連携できる緊急連絡体制を確立し、適切な対応を取ります。

このページに関するお問い合わせ

公営企業局 上下水道部 浄水管理課 神崎浄水場
〒661-0965 兵庫県尼崎市次屋4丁目6番1号
電話:06-6499-0345 ファクス:06-6499-0558
公営企業局 上下水道部 浄水管理課 神崎浄水場へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。