【結果公表】尼崎市公営企業会計システム再構築業務委託に係る事業者の募集について

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号2000901 更新日 令和3年8月26日

印刷大きな文字で印刷

選定結果について

尼崎市公営企業会計システム再構築業務に係る受託事業者選定委員会議において、実施要領に基づき選考を行った結果、優先交渉権者を次のとおり決定しましたので公表します。

選定結果

順位 事業者名 得点(450点満点)
1位 株式会社ぎょうせい 400
2位 A社 386

 

業務内容

1 業務名称

  尼崎市公営企業会計システム再構築業務委託

2 業務内容

  尼崎市公営企業会計システム再構築業務委託仕様書のとおり

3 契約期間

  契約締結日から令和5年3月31日まで

4 提案上限額

  38,624,000円(消費税及び地方消費税を除く)

  提案上限額には、パッケージ標準機能以外オプション機能や、カスタマイズに係る費用を含む。なお、5年間のシステムリース及び保守業務委託(令和4年10月1日から令和9年9月30日まで(予定))については別契約となるが、今回のプロポーザルで採点を行うため、見積書に記載し、提出すること。

参加資格

本件プロポーザルに参加する資格を有する者は、次に掲げる要件を全て満たす者であること。

(1) 地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第167条の4の規定に該当しないこと。

(2) 尼崎市公営企業局契約規程において準用する尼崎市契約規則第4条に定める競争入札参加資格者名簿に登録されていること。

(3) 尼崎市入札参加停止等の措置に関する要綱に基づく入札参加停止の措置を受けていないこと。

(4) 暴力団(尼崎市暴力団排除条例(平成25年条例第13号)第2条第2号に規定する暴力団をいう。)又は暴力団員(同条例第2条第3号に規定する暴力団員をいう。)若しくは暴力団密接関係者(同条例第2条第4号に規定する暴力団及び暴力団と密接な関係を有する者をいう。)に該当しないこと。

(5) 民事再生法(平成11年法律第225号)に基づく再生手続中又は会社更生法(平成14年法律第154号)に基づく更生手続中の事業者でないこと。

(6) 公租公課の未納がないこと。

(7) 本業務を一括再委託しない者であること(ただし、本市の承認を得たうえで業務の一部についての再委託は可能)。

(8) 近畿圏(2府5県)に本・支店及び営業所等を有していること。

(9) 直近10か年(平成23年4月以降、現在まで)に、人口25万人以上の地方公共団体の導入実績を有していること。また、本業務が対象とする全ての公営企業会計(水道事業会計、工業用水道事業会計、下水道事業会計、モーターボート競走事業会計)の導入実績を有する事業者であること。

(10) 本業務が対象とする全ての公営企業会計(水道事業会計、工業用水道事業会計、下水道事業会計、モーターボート競走事業会計)の導入業務に従事した経験を有する者(責任者、リーダー)を継続して配属させることができること。

(11) 一般財団法人日本情報経済社会推進協会からプライバシーマーク付与認定を受けていること、又は、ISMS認証を取得していること。

 

スケジュール(予定)

日程

内容

令和3年6月10日(木曜日) 参加募集の公告

令和3年6月24日(木曜日)

プロポーザル参加表明書提出期限
令和3年7月 1日(木曜日) プロポーザル参加承認及び選定の案内通知
令和3年7月 8日(木曜日) 質問受付期限
令和3年7月14日(水曜日) 質問回答
令和3年7月21日(水曜日) 企画提案書等の提出期限
令和3年8月上旬 一次審査(書類審査)結果通知及び総合審査参加依頼
令和3年8月中旬~下旬 総合審査(プレゼンテーション)
令和3年8月下旬 審査結果通知
令和3年9月上旬以降 優先交渉権者との協議及び契約締結

 

応募方法について

応募方法等の詳細については、以下の「尼崎市公営企業会計システム再構築業務に係る公募型プロポーザル実施要領」をご確認ください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」(無料)が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(外部リンク)新しいウィンドウで開きますからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

公営企業局 財務課
〒660-0051 兵庫県尼崎市東七松町2丁目4番16号
電話:06-6489-7408 ファクス:06-6489-7407
公営企業局 財務課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。