現在位置 : トップページお客さま向け水質情報放射性物質に関する情報 › 現在、水道水中の放射能は問題ありません。


ここから本文です。


現在、水道水中の放射能は問題ありません。

更新日 平成29年4月19日

mixiチェック 

尼崎市の水道水は、安全です。安心して、お使いください。

  平成24年4月1日より厚生労働省は、水道水中の新たな管理目標値として放射性セシウム(セシウム134及び137の合計)を1リットルあたり10ベクレルと定めました。
  これを受けて、市民の皆さまにより安心して水道水をお使いいただくため、当市では平成24年4月より水道水及び水道原水中の核種の放射性物質(放射性セシウム134、放射性セシウム137及び放射性ヨウ素131)の測定を行っています。(また、阪神水道企業団でも同様の測定を行っています。)

  その結果、尼崎市の水道水ならびに原水中において、放射性物質は検出されておらず、問題ありません。

 今後も適宜、放射性物質の測定を行い、その結果をホームページでお知らせしてまいりますので、安心して水道水をお使いください。

 

参考

【厚生労働省の示す水道水中の管理目標値】
・放射性セシウム(セシウム134及び137の合計):1リットルあたり10ベクレル(平成24年4月1日施行)

 

水道水源における放射能及び放射性物質測定結果について

 水道水源である琵琶湖・淀川水系でも放射性物質は検出されておらず、安全性を確認しています。

 この調査は、当市が加盟する淀川水質協議会において、共同で実施しています。

関連リンク

このページに関するお問い合わせ

神崎浄水場
〒661-0965 兵庫県尼崎市次屋4丁目6番1号
電話:06-6499-0345 ファクス:06-6499-0558
Eメールでのお問い合わせはこちらの専用フォームをご利用ください。

このページの先頭に戻る