現在位置 : トップページ事業者さま向け工業用水道事業 › 工業用水道のご利用案内


ここから本文です。


工業用水道のご利用案内

更新日 平成28年9月2日

mixiチェック 

1 用途等の制限

(1) 原則として次の用途以外には供給できません。

  1. 製造業(物品の加工修理業を含む。)
  2. 電気供給業
  3. ガス供給業
  4. 熱供給業

(2) 飲用に適する水ではありません。

 工業用水は、河川から取水した水に凝集剤を注入し、水中の浮遊物などを固まりにして沈でんさせただけで、水道水のような濾(ろ)過処理や、塩素殺菌処理は行っていません。

  したがって、使用される用途によっては、必要な水質を確保するための水処理設備を独自に設置していただかなければならない場合もあります。 

工業用水の水質基準
項目
水質基準
濁度
20度以下
pH
6.0 以上 8.0 以下
アルカリ度
5mg/l 以上
鉄イオン
1mg/l 以下
総硬度(CaCO3として)
100mg/l 以下
塩素イオン
200mg/l 以下
 

2 料金制度

(1) 責任水量制を採用しています。

 新たに工業用水の供給を受けるに当たっては、1日当たりの予定最大使用水量を定めて申込みをしていただき、市ではその予定最大使用水量をもとに基本使用水量を定めて通知します。

 責任水量制とは、基本使用水量まで工業用水を受水されなかった場合でも、基本使用水量分の料金を負担していただくものです。また、一度決定した基本使用水量は、その後に使用水量が減少したとしても、原則として減量することはできません。

 なお、工業用水は、基本使用水量の範囲内で、常時均等に受水されることが原則となっていますので、使用状態によっては、受水槽の設置等の措置を講じていただく必要があります。

(2) 基本使用水量には最低基準があります。

 工業用水の供給は、1給水先当たりの使用水量が1日300立方メートル以上である者に対して行うことになっています。新たに工業用水の供給を受ける場合には、最低でも1日当たり300立方メートルの基本使用水量を設定していただかなければなりません。

3 必要経費等

工業用水の供給を受ける場合には、次のような費用が必要となります。

(1)市に納めていただくもの

[1]新規負担金(基本使用水量の決定を受けたとき)

   @1,830円 × 基本使用水量(立方メートル/日)

〈例1〉基本使用水量が1日当たり300立方メートル(最低基本使用水量)の場合

   @1,830円 × 300立方メートル/日 = 549,000円

〈例2〉基本使用水量が1日当たり1,000立方メートルの場合

   @1,830円 × 1,000立方メートル/日 = 1,830,000円

[2]工業用水道料金・量水器貸付料金

工業用水道料金
基本料金単価 基本使用水量1立方メートルにつき  25円
超過料金単価 1立方メートルにつき                50円

基本料金 

 (基本使用水量(立方メートル/日) × @25円 × 月の使用日数 + 量水器貸付料金) × 消費税等相当額(1円未満端数切捨て)

〈例1〉基本使用水量が1日当たり300立方メートル(最低基本使用水量)・量水器の口径が50ミリメートルの場合

         (300立方メートル/日 × @25円 × 31日(月の使用日数が31日の場合) + 3,400円) × 

1.08(消費税等相当額)  = 254,772円

〈例2〉基本使用水量が1日当たり1,000立方メートル・量水器の口径が75ミリメートルの場合

          (1,000立方メートル/日 × @25円 × 31日(月の使用日数が31日の場合) + 3,960円) × 

1.08(消費税等相当額)  = 841,276円

超過料金

 基本使用水量を超えて使用した水量に超過料金単価を乗じて算出する。

〈例〉 超過して使用した水量が1,000立方メートルの場合

          1,000立方メートル(超過使用水量) × @50円  = 50,000円

 

量水器貸付料金
量水器の口径 量水器貸付料金
(1個1月につき)
50ミリメートル以下 3,400円

65ミリメートル

3,770円

75ミリメートル

3,960円

100ミリメートル 4,360円
125ミリメートル 5,260円
150ミリメートル 6,190円
200ミリメートル 6,770円
250ミリメートル 7,760円
300ミリメートル以上 9,050円

[3]廃止負担金(工業用水道の使用をやめられるとき)

 @35,000円 ×  基本使用水量(立方メートル/日)

〈例1〉基本使用水量が1日当たり300立方メートルの場合

        @35,000円 × 300立方メートル/日(最低基本使用水量) = 10,500,000円

〈例2〉基本使用水量が1日当たり1,000立方メートルの場合

        @35,000円 × 1,000立方メートル/日 = 35,000,000円

(2)その他のもの

工業用水の供給を受けるにあたっては、最寄りの市の配水管から工場までの給水施設を設置していただく必要があります。給水施設工事は申込者が工事業者と直接契約し、全額申込者の負担により施行していただきます。

 

このページに関するお問い合わせ

工業用水課
〒661-0951 兵庫県尼崎市田能6丁目5番2号
電話:06-6491-1342 ファクス:06-6492-7209
Eメールでのお問い合わせはこちらの専用フォームをご利用ください。

このページの先頭に戻る