現在位置 : トップページお客さま向け水道ご使用ガイド家庭の水道設備(給水装置) › 水道管の寒波対策


ここから本文です。


水道管の寒波対策

更新日 平成25年12月12日

mixiチェック 

水道管にとって寒波は大敵です 破裂や凍結を防止してください

もう一度点検を!
低温注意報が出るなど厳しい冷え込みのときは、水道管が凍って水が出なくなったり、破裂したりすることが多くなります。
いつでも安心して水道をお使いいただくために、皆さまのご家庭の水道管をもう一度点検してください。

特に凍りやすい水道管

イメージ画像

  • 日あたりの悪い場所にある水道管
  • 風あたりの強い場所にある水道管
  • ベランダなどの洗濯機用の水道管
  • 戸外でむき出しになっている水道管

凍結を防ぐ方法

水道管に布ぎれを巻き付けた画像

  • 水栓柱とじゃ口などに、保温チューブや布、毛布などを巻きつけて、その上から濡れないようにビニールテープなどで巻き、保温してください。
  • 特に冷え込みが予想されるときは、おやすみ前に浴槽などのじゃ口から少しずつ糸状に水を出しておくと凍りにくくなります。
  • 太陽熱温水器や湯沸かし器などは、あらかじめ水を抜いておくと凍結の心配はなくなります。

凍結して水が出ないとき・破裂したとき

凍結して水が出ないとき

水道管にぬるま湯をかける画像

  • 気温の上昇によって自然に溶けるのを待つ。
  • タオルや布をかぶせて、上からゆっくりぬるま湯をかけて溶かす。
    ※ 直接熱湯をかけると水道管が破裂してしまう恐れがありますのでご注意ください。

破裂したとき

応急処置をして水道局電話受付センターか、指定給水装置工事事業者又は尼崎市水道工事業協同組合へお申込みください。

水道管が破裂したときの応急処置

応急処置のしかた

応急処置の仕方のイメージ画像

  • メーターボックスの中などにある止水栓を止めてください。
  • 破裂した箇所にタオルなどを巻き付け、水が飛び散るのを防いでください。

ご注意ください

  • 止水栓は、右に回せば水を止めることができますが、固くなって回りにくくなったものは、無理に回すとコックが折れて破裂の原因となりますので十分にご注意ください。

止水栓の位置

止水栓の画像

  • メーターボックスの中にある水道メーターの横に取り付けてある場合と、道路の肩に設置した筒状のボックスの中に取り付けてある場合があります。一度確認しておいてください。筒状ボックスの中にある止水栓で水を止める場合は止水栓キーが必要です。

このページに関するお問い合わせ

管路維持課
〒660-0051 兵庫県尼崎市東七松町2丁目4番16号
電話:06-6489-7444 ファクス:06-6489-7421
Eメールでのお問い合わせはこちらの専用フォームをご利用ください。

このページの先頭に戻る